口臭サプリランキング
お口のにおいが消えるおすすめの口臭サプリメント!
口臭の原因コラム

口臭は胃が原因?胃が原因の口臭対策

胃からくる口臭の原因

口臭と聞くと、多くの方は「歯磨きの不足」や「歯周病などの病気」といった口内トラブルが原因だと想像するのではないでしょうか。たしかに、口臭の多くは口や喉で起こるとされていますが、原因の中には胃で起こっている不調や病気によるものも存在します。

胃から口臭が上がってくる場合、どんなに口の中をケアしても口臭は改善されません。それどころか、口内ケアをしているのに口臭が消えないことでストレスがたまり自律神経が乱れることで、胃の調子がさらに悪くなって口臭も悪化する、という悪循環に陥る可能性もあります。

そこで今回の記事では、胃からくる口臭の原因や、予防・対策について解説していきます。

胃から口臭が発生する原因は「胃の機能低下」

胃から口臭が発生する原因は、「胃の機能低下」です。

胃は体内に取り入れた食材を最初に消化する器官です。ここで消化され、栄養が吸収しやすい形状になった食材は小腸・大腸を通りながらやがて排泄物となって体外に排出されていきます。

しかし、何らかの原因で胃の機能が低下していると、消化されきれない食材が長く胃の中に留まり異常発酵を起こすため、悪臭の元となるアンモニアガスなどが発生するのです。

この胃で発生したガスがげっぷや呼吸によって口まで上がってくることが、不快な口臭が発生する原因となります。

胃の機能が低下する原因はさまざまですが、精神的ストレスや過度な暴飲暴食、アルコールや刺激物などの過剰摂取などが主な理由として挙げられます。

急性胃炎・十二指腸潰瘍など病気の可能性も

胃から口臭が上がってくる場合、機能低下だけではなく消化器に何らかの病気が発症している可能性もあります。

急性胃炎や十二指腸潰瘍などは、胃の機能を停滞させ異常発酵を起こしやすくする病気の代表的な例です。他に、逆流性食道炎なども特有の酸味を感じる口臭を発生させると言われています。
また、命にかかわることもある胃がんでも口臭が発生することがあります。

胃がんによって口臭が発生する理由はまだ解明されていませんが、自覚症状が出にくい胃がんの貴重な初期症状でもあるため、口臭を感じた時にはなるべく医師の診断を受けることをおすすめします。

胃から発生する口臭を予防する方法

それでは、胃から発生する口臭を予防するにはどのような対策をすればよいのでしょうか。胃からの口臭を防ぐには、「胃の機能低下」に重点を置いて考えなければなりません。

消化器官は人の体調や精神状況に影響を受けやすく、すぐに機能低下に繋がってしまう人体の要ともいえる場所。まずは、自身の毎日の習慣や食生活を見直して、胃の機能を低下させる行動をしていないかチェックしていきましょう。

何か当てはまることがあったらそこを意識して改善していくことで、胃の機能低下を防ぎ、不快な口臭を発生させないようにできるはずです。

ストレスをためない

人が日常生活でストレスを感じると、その負担は体内で蓄積され胃炎や胃の機能低下といった症状で現れることがあります。

忙しい日々を過ごしているとどうしてもストレスを感じてしまうものですよね。しかし、それを「まだ大丈夫」と溜め込んでいくと、自分でも気づかないうちに身体が限界を迎え、口臭だけではなく様々な不調を訴えるようになってしまいます。

ストレスの蓄積を防ぎ、解消するにはいくつか方法があります。まず、自分に合った適度な睡眠時間を確保し、良質な眠りにつけるようにしましょう。睡眠は身体の疲れだけではなく、フル稼働していた脳のリフレッシュ作用やストレスがかかると生成されるホルモン「コルチゾール」の抑制にも効果があるとされています。

また、休日には自分の好きな趣味に時間を作り、ストレスの原因となる環境から離れることも大切です。毎日の良質な睡眠と、メリハリのある休日の過ごし方でストレスを上手く発散していきましょう。

食生活や生活習慣の改善

胃粘膜が強い刺激を受け続けると、炎症を起こし急性胃炎が起こる、消化の機能が低下するといった症状が起こってしまいます。特に、香辛料がたっぷり入った辛い料理や、アルコール度数の強いお酒を好む方は胃が荒れやすくなっているので、頻度を下げるなどの対策を取ることをおすすめします。

その他にも、肉料理中心の食生活や、コーヒー、カフェイン飲料の過剰摂取、暴飲暴食なども消化を妨げ、胃の正常の働きを阻害する原因となります。食事は毎日3食、規則正しい時間帯で取るように心がけ、量も8分目程度に抑えてください。

その中でバランスのとれた栄養を取り入れながら、身体に優しい食生活を続けていきましょう。

もしも食べ過ぎた、飲み過ぎたという日があったら、翌日は乳酸菌飲料や、消化しやすい炭水化物を中心とした食事を心がけ、胃を休めるように意識すれば胃の荒れを軽減できるのでおすすめです。

運動不足の解消

一見、関連が無さそうな運動と胃の機能ですが、実は運動不足が慢性化すると食物を腸に送り出す胃のぜん動運動が弱まり、胃の機能低下が起こるといわれています。

胃の機能は年を取るに従って弱くなっていくので、その機能低下を補うためにも毎日の生活に適度な運動を取り入れて、身体を健康に保つようにしましょう。

ジョギングやウォーキングといった一定のリズムを保つ運動は、ストレス解消やリラックス効果も期待できるので、ぜひ試してみてください。

口臭の改善には「サプリ」を取り入れよう!

日常生活で取り入れられる胃からの口臭を予防する方法について紹介しましたが、これらの方法では、すでに胃からの口臭が発生してしまっている場合の改善に時間がかかってしまうこともあります。
周囲にも影響を与える口臭という症状は、なるべく早く改善して気にしない生活を送りたいですよね。そのためには、生活を正して胃の機能改善を促進すると同時に、口臭の予防に効果をもたらす「サプリ」の併用がおすすめです。

サプリは病院で処方される薬と違って、自分の目的に合ったものを薬局やインターネットなどで気軽に購入できるので、胃の不調や口臭を感じた時に対策として行いやすいというメリットがあります。

また、薬品というのはそれ自体が胃の負担になる場合があります。サプリは自然由来の成分を使用しているものが多いため、胃に負担をかけず、口臭の予防を行うことができるのです。

機能改善と口臭予防のW効果があるサプリが効果的

口臭を予防するサプリには「香りで口臭を消すもの」「口臭自体を消臭するもの」などがありますが、これらの効果だけしかないサプリを選んでしまうと、根本的な口臭の改善には繋がりません。
胃から口臭が発生している場合には、口臭の消臭効果が高いという点はもちろん、胃の機能改善を促し、口臭の根本的な原因を取り除く効果が高いサプリを選ぶようにしましょう。

例えば、サプリに乳酸菌が含まれているものなどは、口の中で消臭効果を発揮しながら、乳酸菌が弱った胃粘膜を回復し、機能改善を促進してくれます。こういった効果的なサプリと規則正しい生活を続ければ、胃からくる口臭の改善に繋がるでしょう。

ちなみにサプリは飲んだ日にすぐ症状が改善する!というものではありません。症状を改善し、その後の再発を防ぐには長期間飲み続けることが大切です。せっかく治った口臭をよみがえらせないためにも、日常的にサプリを飲む習慣を作り、その後の予防も続けるようにしましょう。

胃が原因の口臭まとめ

口臭は、口内環境によるものと、胃の環境によるものがあります。胃からくる口臭は、胃の中の機能を正常に整え、病気や機能低下を防ぐことで改善できる症状です。

ストレスをためない、生活習慣を整えるといった身体の健康を保つ行動とともに、胃の環境を整える口臭予防サプリを上手に活用し、口臭予防に努めましょう。