口臭サプリランキング
お口のにおいが消えるおすすめの口臭サプリメント!
口臭の原因コラム

ストレスと口臭の関係性とは?

ストレスによる口臭

自分で気付きづらいことから、対策が疎かになりがちな口臭。この口臭は、大部分が「虫歯」「歯周病」「食事」などに原因があるといわれています。そのため虫歯や歯周病の治療や、歯磨きで解消する口臭も少なくありません。

しかし、実は、ストレスが原因で口臭が発生する場合もあります。この場合は、虫歯などの治療だけでは、口臭は解消しません。直接は無関係に思えるストレス、いったい、なぜ口臭の原因になるのでしょうか。

ここでは、ストレスによって口臭が起こる原因と対策について紹介します。自分の口臭に気付くのは、難しいかもしれません。しかしストレスがあるなら口臭を防ぐためにも対策をしてみてはいかがでしょうか。

ストレスで口臭が発生する原因とは

通常は、口内の状態が原因で発生することの多い口臭。しかしストレスも、口臭の原因としては珍しいものではありません。そこで、まずは、ストレスにより、口臭が発生する原因を見てみましょう。

自律神経が乱れると唾液の分泌量が減り、口臭の原因に

ストレスを感じると、自律神経の働きに乱れが生じます。
自律神経には、

  • 交感神経(ストレスを感じる、身体が動いているときに働く神経)
  • 副交感神経(リラックスした、身体が休んでいるときに働く神経)

の2種類があり、2つのバランスがうまく取れていると心身の状態も良いものです。しかしバランスの乱れにより、「交感神経」が優位に働くことがあります。ストレスを感じたときに働く交感神経が優位に働くと、唾液の分泌量が低下します。

唾液は、成人の場合、通常、1日あたり、1~1.5リットルが分泌されるといわれています。
この唾液には、

  • 口内の汚れを洗い流す
  • 消化を促進する
  • 口内の粘膜を保護する
  • 抗菌する

など、さまざまな働きがあります。このため唾液の分泌量が低下すると口内環境が悪化してしまうのです。

そして、口内環境が悪化すると、雑菌が繁殖しやすくなります。
この雑菌は、口の中に残る食べかすや細胞などを分解し「アンモニア」「アミン」「揮発性硫黄化合物」といった、臭気成分を発生させ、悪臭の原因となるのです。

ストレスが原因の口臭は、どんなにおい?

口臭は、原因によって、様々なにおいがします。「ストレスが原因の口臭」とは、どんなにおいなのでしょうか。

においだけでの判別は難しい

一般的に、ストレスによる口臭は「アンモニア臭」「腐敗臭」などであるといわれています。

ストレスで肝臓の働きが弱まると、アンモニアが分解できなくなります。これが口臭でアンモニア臭がする原因です。また、胃腸の働きが弱まると腸内環境が悪化し、腐敗臭がすることもあります。ただし個人差も大きいのがストレスによる口臭の特徴です。そのためにおいだけでの判別は難しい場合があります。

ストレスによる口臭を感じたときの対処方法

「虫歯や歯周病がない」「体調不良がない」「においの強い食材を食べていない」
こういう状況で口臭を感じたら、ストレスによる可能性を考慮しましょう。それでは次に、ストレスによる口臭が発生したときの対処方法を紹介します。

口臭を改善するためにはストレスの解消が必要

ストレスによる口臭を消すためには、ストレスを解消する必要があります。すぐには難しいかもしれませんが、以下の点を見直してみましょう。

・しっかり睡眠をとる
不規則な生活は、自律神経のバランスが乱れる原因となります。そして副交感神経が最も優位になるのは睡眠中です。なるべくしっかり睡眠をとり、自律神経のバランスを整えましょう。

・規則正しい食生活をする
便秘が原因で口臭が発生してしまう場合もあります。そのため、腸内環境を整えるのも、口臭予防には大切です。野菜や海藻類、こんにゃくなど、繊維質の多いものを良く噛んで食べましょう。また食生活に偏りが出ないように気を付けましょう。

・適度な運動をする
ストレスを発散するためには、適度な運動を行いましょう。運動をすると、交感神経が優位な状態になります。

・水分をしっかりとる
ストレスを感じると唾液の分泌量が減ります。唾液が減り口内に雑菌が繁殖すると口臭の原因になってしまいます。こまめに水分を取り、口の中の乾燥を防ぎましょう。

・ガムを食べる
ガムを噛んでもストレスは解消されません。しかしガムを噛むと唾液腺が刺激され、唾液の分泌が促されます。「口の中が乾く」「ねばつきを感じる」という場合は、ガムを噛むのも効果的です。

・煙草を控える
リラックスすると思われがちな喫煙。実は、喫煙すると交感神経が優位な状態になってしまいます。すると唾液の分泌量が減る上に、煙草の臭いも生じてしまいます。いきなり禁煙は難しいかもしれませんが口臭が気になるなら煙草は控えましょう。

口臭を予防するために

ここまでで、ストレスによる口臭の原因や対策を紹介しました。それでは次に、ストレスによる口臭を予防する方法を見てみましょう。

ストレスによる口臭を予防するには、日常的なケアが大切

仕事や家庭でのことが原因となるストレスは解消しにくいものです。だからこそ、ストレスを発散しやすい状態にしなくてはなりません。

ストレスによる口臭を予防する方法は、基本的に、「ストレスによる口臭を感じたときの対処方法」と同じです。

しっかり睡眠をとり、規則正しい生活を送りましょう。水分を取ることや、運動をすることも大切です。自分自身を毎日しっかりケアすることが予防につながります。

口臭が気になるときの対策方法

ストレスによる口臭は、「ストレスを解消する」ことで改善できます。しかし、ストレスを解消するのには多少時間がかかってしまいます。そこで口臭が気になるときの対策方法も、併せて紹介します。

口臭ケア用品を活用する

口臭を感じたときは、市販の、口臭ケア用品を活用してみましょう。ドラッグストアや通信販売では、以下のような口臭ケア用品が売られています。ただし、これらを使用しても、ストレスによる口臭の根本的な解決にはなりません。ケア用品を使用しながら、ストレスの解消に努めましょう。

・歯磨き粉
そもそも歯磨きには口臭を防ぐ効果があります。歯は、なるべく毎食後に丁寧に磨き、口の中を清潔に保つよう心がけましょう。「なた豆」などを使用した口臭対策に特化した歯磨き粉も人気があります。

・口臭対策スプレー
口の中に噴射して使用する「口臭対策スプレー」も、口臭対策としては手軽です。ただし、せっかく使用しても、口の中に汚れが多いと、効果は実感しづらくなります。歯磨きや、サプリメントと併用すると良いでしょう。

・サプリメント
最近人気となっているのが、口臭対策のサプリメントです。口臭対策のサプリメントは、口臭の成分や、原因となる菌に作用します。口臭対策サプリメントは、ドラッグストアや通信販売で購入が可能です。

現在、様々なものが販売されていますが、天然の成分で作られたサプリメントが安心です。購入の際は、レビューやクチコミも参考にすると良いでしょう。なお、サプリメントは効果が出るまで多少時間がかかるものもあります。注意書きをよく読み、焦らず続けてみましょう。

まとめ

ストレスによる口臭は、決して珍しいものではありません。とはいえ、口臭が生じることがないよう、なるべく気を付けたいものです。もし口臭が生じたら、サプリメントなどを活用しつつ、毎日の生活を見直してみることをおすすめします。